スタッフブログ

虫歯治療後の痛み

ブログ 

今日は院長 福川です。。

毎月テーマを決めて、ブログを書きたいと思います。

虫歯治療の為歯医者に行ったのに、治療後に歯が痛くなった。。

御経験のある方。。

周りに1人位その様な話を聞いた事あるかと思います。

何故このような症状になるんだろう?

治療前より痛むぞ。。。

疑問をお持ちの方に少しでも理解をして頂けたら。。

又、その様な方が居たらお話しして欲しいです。

我々歯科医師もなるべく痛みを少なくして、そして神経を取らない様に

努めて居ますが、患者様によって症状も異なります。

では、何故虫歯の治療が終わった後に痛みが出るか?

原因をいくつか記載しますね。。

1 治療後は神経が過敏な状態です。

虫歯が大きく神経の近くまで感染している場合、象牙質と呼ばれる部位に

象牙細管という管があり、その管を介して神経にまで達し、外部的な刺激を受け神経に伝達されます。

感染した虫歯を削除したとしても、神経近くまで削った場合刺激が神経に伝わり

歯髄炎(神経の炎症)を引き起こします。

この状態が回復しないと神経を取り除かなくてはなりません。

要注意です。

2 治療した人工歯(詰め物)の影響で歯が痛む。

治療後は、虫歯を削った影響で冷たい物や、温かいものに反応しやすい状態となって居ます。

金属を詰めた治療では熱伝導率が高く、より反応しやすいです。

通常は一月程度で治りますが、症状改善が無い場合はお尋ね下さい。

又、詰め物が高くて当たりが強い場合、痛みを生じて歯髄が炎症を起こし

歯髄炎を誘発します。

咬合調整はとても大事です。。

3 神経を取り除いたのに痛む

神経を取り除いたのに痛む原因は残髄。。

神経が残っている可能性があります。

神経を取り除く治療は、簡単ではなく、特に何本にも枝分かれした神経や網状の神経など

歯によって異なります。

よって我々歯科医師も最善を尽くしますが難しい治療となります。

簡単ではありますが、毎日の診療において患者様に説明していることを記載しました。

これらの原因以外にも痛みを起因する可能性はあると思います。

1番大事な事はご自身の歯がどの様な状態なのか?

それを分かりやすく説明してくれる信頼関係が歯科医師と患者様にあることかと思います。